free web hosting | free website | Business Hosting | Free Website Submission | shopping cart | php hosting

荒野の釣師 (平凡社ライブラリー)



初めてのクロダイ(チヌ)釣り―最初の1尾を目指すビギナーに贈るクロダイ釣り入門書 (BIG1シリーズ (59))スポーツフィッシング 日本語版釣魚検索荒野の釣師 (平凡社ライブラリー)渓流物語糸井重里のバス釣りNo.1決定版!爆釣ガイドブック渓流魚づくし渓流味づくし新アマゴ ヤマメのすべてスペイキャスティング


荒野の釣師 (平凡社ライブラリー)
荒野の釣師 (平凡社ライブラリー)

ジャンル:
セールスランク:346423 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 999 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

釣り人としての鋭い観察

1976年の原作(二見書房)の文庫版

現在釣りをされている方に是非とも読んでもらいたい。
今から約30年前に書かれている事が全く色あせていない。
多くの釣りに対する苦言、未来への夢が語られている。
もちろん、釣魚大全の翻訳者として有名であるが、自らも釣師で評論家、考古学作家。
さらには科学者としの才能もあるのではないか?この事はさらに調べて書こうと思うが、魚の表面のヌルが魚病に重要な役割を果たしているという推察、そしてなぜその研究が行われないかとの不満。
1980年代にカエルの体表面から抗菌ペプチドが発見され、その後植物をも含む多くの生物で関連物質が発見された。現在この発見者はノーベル賞候補にも上げられている。
森氏の示唆を研究者が真剣に取り組んでいれば 今頃日本から素晴らしい業績が出ていたであろう。



平凡社
完訳 釣魚大全 (角川選書)